自動車部品等のプラスチック製品の射出成形、溶着、組立てはおまかせ下さい!

成形工場の紹介

作業工程1.インジェクショングループ プラスチック射出成形

通常、生産する製品は色違いを含め約300部番、他にイレギュラーで対応する部番が約150あります。
わずか2g(1円玉2枚)に満たない品から100g超の品まで、その一つ一つが、自動車1台を作るのに不可欠な製品です。
輸出品もあり、当社の作った製品を装備した車が世界のどこかで走っています。

金型、成形機と付属機器の点検、細やかな品質チェックなどを徹底し、安心・安全のため、高品質な製品を供給し続けています。


作業工程2.組立

射出形成された部品に、ショートなどの成形不良をチェックしつつ、組み立てていきます。
1日に3万個以上の組立を正確に行えるよう、物の配置や動作のムダを省くなど、日々工夫しています。

主力製品のホルダーの他にも、金具を入れて樹脂成形をしたり、部品取り付けが必要な製品もあります。
ショートやキズ、色調などの不良を見分けて、良品の生産に努めます。

当社では1日に数万個の製品を作ります。
作業効率を上げるために徹底した5Sを行い、ムダの無い工程を日々考えて実行し、成果を上げています。

作業工程3.出荷検査

成形品の外観、部品の確認、製品を1個1個手に取り出荷検査を行います。

外観に異常はないか? 重量はあっているか? 
製品ラベルの必要事項に間違いはないか? 梱包仕様は守られているか?

“小さな異変を見逃さない眼が、不良品流出を防ぐ大きな砦です”


出荷や梱包準備、金型のメンテナンス、5S作業など、製品を作り、組立てる他にも様々な仕事があります。 出来る人が、出来るときに… 自分たちの働く会社を、社員全員でつくっていきます。